■難しいと良く言われるので、「もっと先に書いて置けよ」って話で、気づくのが遅くなってしまいましたが、ここにすじ軍のRPGゲームバランスについての注意書きをします。









☆すじ軍のRPGは、スーパーファミコン時代に乱発された、レトロ2DRPGが原風景になっています。


すじ大佐は、レトロゲー・スーパーファミコンのRPGを買いあさり、中毒に陥っていました。
弱っちい味方が、レベルが上がり、装備を揃え、どんどん強くなっていく状態をみて、アドレナリンが噴出していました。
装備を直したり、アイテムをよりたくさん揃え直して、全滅させられたボス戦に再度挑むドキドキ感にときめいておりました。
そういう感じの人が、すじ軍のRPGを制作しています。

最近のRPGはFF12を最後(最近?)に、余りやっていないんですが、多分それら最近のゲームのゲームバランスとは毛色が違います。


☆ゲーム中何度かは全滅するゲームバランスです。

  • レトロRPGのゲーマーで無い限りは、恐らく幾度かはパーティー全滅しますので、全滅が嫌いな方はご注意ください。
  • ボス戦では、何体かは、初見ではなかなか勝ちきれないバランスで、装備を直したり、コマンドの取捨選択を再構築しなければならない、戦略を見直さなければならないバランスとなっています。
  • 装備が弱いときには、ガンガンHPを持って行かれますし、MPもどんどん足りなくなります。雑魚戦でも油断していると時には、数人ダウンし、立て直しが難しくなることもあります。(すじ大佐はこの追い込まれたところから立て直すのが大好きなのでご注意!)オートだけでは進めないバランスです。ハードなRPGが嫌いな方はご注意ください。
  • 装備が強くても、そこそこHPを持って行かれるバランスです。というのも、HPがなかなか減ら無いのはゲームバランスがあまり良くないと考えています。冗長になるよりは、ざくざくとテンポをはやめた方が良いと考えています。代わりに、避けきれない敵を、8割程度でしょうか? 逃げずに倒すように進めていくと、レベルがバランスし、経験値上げのためだけにゲーム進行をストップして、フィールドに出なくて済む、そんなイメージのゲームバランスを目指しています。


※最後の最後に、いろいろなレアアイテムで、パーティーの弱点がなくなっていくのが、コレまたすじ大佐のアドレナリンを噴出させるのです♥




ぷにぃ星人の侵略-18_10_10_





☆毒や戦闘後も続く呪い、麻痺が余り好きではありません。


  • 戦闘後状態異常を引きずるのは、めんどくさいとしか思いませんでした。強くなった快感も、死にかけから復活するドキドキ感も、すじ大佐は余り感じなかったのです。そのため、戦闘終了時状態異常を引きずる状況は余りありません。
  • 魔法がオマケ程度、或いは回復以外ほぼ無いゲームです。ドラクエやFFでは、すじ大佐はほとんど魔法を使ったことがありません。たまにパルプンテとか、アルテマとかは使いましたが…たまにしか。これも余りすじ大佐の心を動かさなかったので、魔法要素はオマケ程度になっています。
    むしろ、剣や防具に魔法機能や属性が付いているのが好きでした。つまりコマンドでいちいち選択したくないという感じでした。
  • 魔法の代わりにその役割を果たすのがアイテムです。パワーアップ系アイテムは、大好きです。軽いチート気分が快感なんです。





プラン01



☆女の子の身体、すじフェチです。


  • すじ大佐は、女の子のつるすべな身体、
  • きゅっと締まったすじ、
  • ギリギリあうとのなんか見えている着エロ、
  • 赤いポッチらしきものが見えている着エロ、
  • おっぱいが跳ね上がっていたり
  • ノーパンでキックしている躍動少女フェチです。

  • ですので、○○システムとかは余りなく、すじと身体のLINEに全力を注いでいます。
    そういうわけで、エロシーンは結構淡泊なのが多いかと思います。

    しかしながら、ポーズもほぼすべてすじが見えるカット。太腿や手ですじを隠したポーズは極力取らせていません。
    これを機会に、「着エロ+すじが見えている」というシチュエーションを想像してみてください。
    おしっこをする、一番感じちゃう、挿れることができるとてもエッチな不特定多数が見れるところで見せちゃダメなすじを、戦闘中や、会話中に、誰もが見ている中でチラチラ覗かせているわけです。

    日常生活ですじを見せるのは禁忌です。にもかかわらず、見えてしまっている。

    これぞすじ+着エロの醍醐味です。
    少年マンガや一般アニメのすじも、同じ事が言えます。少年にすじを見せちゃダメなのに、少年向けマンガに女の子のすじが描かれている。これがそそるわけです。

    みな、見せちゃダメなすじを見せるタブーフェチに目覚めるのです!!
    一番日常的にあり得そうでなかなかあり得ない、身近な禁忌。これに目覚めると、すじゲーで凄まじくそそられることになりますよ。